弁護士に相談することが重要な交通事故の補償

By | 2017年12月2日

被害者になってしまったら?

誰でもなりたくない交通事故の被害者ですが、気を付けていても巻き込まれてしまうことは誰にでも可能性があります。しっかりと交通ルールを守っていても可能性はゼロではないので、明日は誰が被害者になるかわかりません。それだけに急に被害者になってしまうので心の準備はもちろん、知識もなく治療や賠償金の交渉、後遺障害の認定など、いろいろな点でわからない、これが正しいのか、納得がいかないがどうすればいいのかなど不安になってしまうことが多いです。そんな時には自分一人で悩まずに専門的な知識を要している弁護士に相談するのが一番です。とは言っても、弁護士は大袈裟、相談するのもお金が心配、どこに行けばいいのかと躊躇してしまう方も多いでしょう。しかし、気にすることはありません。相談するだけなら無料ということが多いですし、気軽に利用できるように機会を設けていることが多いので、探せば身近な窓口があります。まず、公的なものでは不定期ですが、自治体などで交通事故の弁護士相談会などを設けていることがあります。

気軽に相談を

これはほとんどの場合が時間制限はありますが無料ですので、その地自体に住んでいる方であれば大まかな意見を聞くことができて、方向性が見えてくるかもしれません。公的なものとしてもう少し詳しく話をしたい、アドバイスを聞きたい、さらに必要であれば交渉を代行してもらっても良いと思っている方には全国の弁護士会の相談会に行くことがお勧めです。各都道府県に設けてある日弁連の交通事故相談では予約制ではありますが、専門の弁護士と1対1で事故についての意見を聞くことができます。例えばすでに賠償金の提示があったならその金額が妥当か、治療の打ち切りなどではそれが正しいのかなどの意見を聞くこともできます。必要ならば対応できる事務所の斡旋などもしてくれるので、そのまま示談交渉へつなげることもできます。だいたい開催日が決まっていて、電話で予約を取るようになっていますので、決められた日に必要な書類などを持参すると話がスムーズに進み、より具体的なアドバイスにつながるでしょう。このほかにも民間の弁護士事務所でも無料で利用できることが多いです。話を聞いて大まかな道筋を立てるまでなら費用はかからないことが多く、詳しい話だけではなく、示談金の見積書を送るだけで適正価格を教えてくれるところもありますので意外と気軽に自分の状況をチェックしてもらえます。その結果や対応を見て契約して本格的に交渉してもらうこともできます。もちろん、契約しなくても全く問題はないので難しく考えなくても大丈夫です。

納得のできる結論を

一番大切なのは自分一人で抱え込んで納得していないのに交渉を終了させてしまって泣き寝入りすることです。その前にまずは専門家の目を通してもらって、これが妥当なのかそうではないのかを知ることです。多くの場合は被害者に不利な内容になっていることが多いので、それを法的な専門知識でカバーして正しい状態に戻すことが重要です。しかし、突然被害者になって知識も乏しい素人がすべてを自分でやろうとすると無理がありますし、多くの時間を割かなくてはなりません。自分の生活もあるでしょうから事実上、かなり厳しいです。そこで無料でアドバイスを聞ける機会も多くあるので、それを活用して場合によっては弁護や交渉を依頼するのも有効な手段です。交通事故を良く扱っている、経験豊富な相手を見つけることがポイントです。交渉にも慣れていますし、過去の例も良く知っているので対応力も高いです。専門的に交通事故を担当している事務所を見つけると安心して任せることもできますので、まずは話を聞いて信頼できると感じたら積極的にお願いしましょう。