交通事故は素人だけで解決すると損!示談にも弁護士は必須

By | 2017年12月2日

冷静に対処すべき?

交通事故に遭ってしまうと焦ってしまったり、怪我などが痛いと対応を急いでしまって後から後悔する、証拠を取っておかなかったなど困ることが多々起こります。確かに怪我をしたり、病院へ運ばれるとその治療が第一ですので、まずはそれに専念すること大切です。しかし、可能であれば病院にかかる際にも頭に入れておきたいポイントがあります。というのも、治療費も交通事故では請求できますし、その傷の程度によって慰謝料や後遺障害の等級認定にも大きくかかわりますので診断内容や医師とのコミュニケーションを取っておくことは欠かせません。とは言っても、事故に遭うのは一緒にあるかないかですので、知識を持っている方の方が珍しいです。知らない間に不利な状況になってしまっていた、必要なものを取っておかなかったなど自分が困ることになってしまいます。そんな時に強い味方になってくれる専門家が弁護士です。弁護士は交渉やいざとなったときの裁判を見据えて、必要な書類や記録などをとってくれたり、交渉そのものを代行して行ってくれるので法に沿って必要な手続きやアドバイスをくれます。そのため何をどうすればいいのか、何が必要なのかを指示してくれるので知識の乏しい一般の被害者でも損がない様に導いてくれるのです。加害者が任意保険に加入していれば交渉相手は加害者本人ではなく保険会社の担当者となります。しかしこれがやっかいで、保険会社も民間企業ですので利益が重要です。できれば保険代の支払を低く抑えたいのが本音です。

金額の提示法

そのため提示される保険代も最低限の金額からスタートし、交渉で多少上乗せして頑張っているように対応してくれますが、実情は公平で妥当な賠償金額ではないことがほとんどです。しかし、それを指摘して金額提示額をアップさせるには法的な根拠とアップしないと保険会社側の立場が厳しいと感じさせるだけの説得が必要になってきます。それを具合が本調子ではない一般素人の被害者一人で行うのは至難の業です。保険会社の担当は交渉が仕事ですから慣れていますし、法律にも詳しいです。うまく切り替えされたり、妥当な金額との一言で片づけられてしまうことが多いです。そこで法律のプロであり、保険会社の担当者よりもさらに交渉のプロである弁護士が力を発揮するのです。今までの交通事故の判例なども熟していますし、どの部分が妥当ではないのか、その根拠も把握していますので何を言われても対応できるだけの知識と経験を持っています。

専門家に依頼すればスムーズ

そのため交渉も素人が行うよりもスピーディーで結果も伴います。代行して交渉してくれるので、怪我の治療に専念できますし、仕事復帰していれば集中して仕事ができますので、日々の負担も軽減できるメリットもあります。弁護士と聞くと裁判というように大がかかりになるイメージがあるかもしれませんが、確かに折り合いがつかない、保険会社に誠意がない、重大な事故となれば裁判もあり得るかもしれません。しかし、示談だけでも対応してくれるので賠償金に納得がいかないといったことであれば交渉部分を依頼するのも全く問題ありません。多くの場合は電話や郵送対応だけでも事故内容を把握してくれるので弁護士事務所が近くになくても、遠方でも相談に乗ってくれることが多いです。示談が成立すれば署名をして示談金が振り込まれるようになっているので、最後までスムーズに手続きを導いてくれるので安心です。事故で通院や入院で多くの犠牲が生まれます。そのうえ示談の交渉で自分の時間を取られてはあまりにも負担が大きいです。こんな時こそ専門家の弁護士の力を借りて、時間を無駄にせず、さらには妥当な賠償金をしっかりと勝ち取るようにしましょう。