Monthly Archives: 7月 2018

交通事故の際に弁護士に依頼するメリット

示談弁護士メリット

もし交通事故の被害に見舞われた場合、多くのケースでは保険会社を通して相手方と交渉をすることになります。しかし何度もやりとりをする煩わしさや、保険会社の言う通りに全てを進めて問題ないのか、などの不安を感じてしまう人も少なくありません。そのような不便や不安などを感じている場合、弁護士を介入させて交渉にあたるのも選択肢のひとつです。

弁護士に依頼するメリット

不安から解放

弁護士に依頼するメリットは、前述したような煩わしさや不安から解放されることです。自身の代わりに交渉にあたってくれますので、例えば治療が必要な場合でも安心して回復に専念することができます。また、法律のプロが味方に付くことで、保険会社の言いなりになる心配もありません。保険会社もビジネスを行う以上、利益を上げるために会社の都合の良い方向に導こうとしてくる可能性もありますが、そのような誘導にしっかりと立ち向かうことができるのです。これが、素人ですとなかなか交渉を上手く行うことはできず、不利な条件で決着せざるを得ないこともあります。

増額が見込める

賠償金請求をする場合の安心感に繋がり、尚且つ増額が見込めるのもひとつのメリットです。自身が被害者の立場になった場合、気になるのが賠償金の金額です。納得のいく内容を示してもらえた方がある程度は救われる思いがあるものでしょう。

ところが、弁護士に依頼せずに交渉にあたる場合ですと、少ない額を提示される可能性があります。保険会社からは、それらしい内訳書や言い分などが提示されることになりますので、被害者としても納得する部分があるかもしれません。しかし、提示される賠償額というのは保険会社にとって都合の良い内容になっていることが少なくないのです。任意保険会社を利用している場合の、金額を決定するための基準というのは、そもそも保険会社に利益を出すための基準となっていますので、そこに当てはめて計算をされると被害者は損をする可能性が高いです。

しかし、もし弁護士に依頼した場合はそもそもの基準から違った角度で計算をします。というのも裁判所基準で計算できるようになりますので、保険会社のメリットを重視した金額ではなく、被害者重視の賠償を受けやすくなるのです。ケースによって増額できる額は違ってきますが、場合によっては倍程度も金額がアップすることもあります。法律のプロが介入するだけでまるで金額が違ってくることを考えると、自力で対処していくのはあまり賢いやり方とは言えないかもしれません。

法的な主張

法的な主張ができるのも依頼することのメリットと言えるでしょう。交通事故の内容によっては、お互いに過失があるために割合を導き出さなければいけません。ところが過失割合を導き出す際に揉めてしまうケースも少なくないのです。客観的な証拠でもある場合ならまだしも、単なる主張をするだけでは言い分としては弱く、簡単に保険会社を納得させることはできません。

そんな時にも活躍するのが弁護士です。実況見分や刑事記録などもしっかりと分析をした上で主張ができ、時には過去の裁判例も持ち出しながら交渉にあたることが可能です。それによって主張が通り過失割合が納得のいくものにできることもあります。無論、常に主張が通るわけではありませんので、保険会社の言い分も時には受け入れらなければならないこともあるでしょう。しかしそれでも納得がいくまで交渉ができるようになることで、消化不良で終わってしまう事態を回避できるはずです。

このように弁護士を通すことで得られるメリットがあります。交通事故は揉めてしまうケースも珍しくないゆえ、万全を期して交渉に臨むのが、少しでも納得のできる終わり方をするための有効な手段になってくるのです。