Monthly Archives: 7月 2016

東京と地方では弁護士の数が異なる

新司法試験に制度が移行してから、弁護士の数は増加しています。具体的には。この10年で、約3倍になっています。その結果、弁護士になっても、満足な収入が得られないという問題が生じていると、よくニュースになっています。しかし。これは正しいことではありません。正確に言うと、これはあくまで東京な場合の話です。東京は日本の首都であり、必然的に人が集まります。そのため、弁護士の数が増加したことで、競争が激しくなり、中には満足的な収入を得ることができない人もいるのは事実です。しかし、地方の場合、そうではありません。まだまだ地域に弁護士が存在しないところは存在しているため、需要を見込むことができます。地方だからといって、法律トラブルがないわけではないので、仕事がなく、満足的な収入が得られないといったことはないのです。
地方では、弁護士の数が少ないことから、時折東京の弁護士が、債務整理の無料相談会を実施していることがあります。これは、東京では競争が激しく、すでに過払い金の返還の需要が少なくなっている一方、地方ならばまだ需要があるため、その需要を得ようとしているのです。この事からも、地域間格差が存在していることがわかります。
このような事情にかんがみると、稼げないと言っているに層は、能動的に需要を獲得しに行っていないという問題があります。実際は、全国的に見れば、まだまだ不足し勝ちです。そこで、賢い人たちは、縁もゆかりもない地域で活動しています。これは、自分達の収入確保のためという、利己的な側面もありますが、結果的には、弁護士が足りない地域の人達が法律問題で悩んでも、専門家に相談することが可能な環境を作っていることに繋がります。そのため、今後も増加が見込まれる弁護士には、どんどん地方に進出して、地方の人でも東京と同じように、相談できる環境を作っていくことが求められています。それは、社会にとっても、進出する側にもメリットがあります。