交通事故では弁護士相談で慰謝料増額が可能になる

OY151013249932_TP_V

弁護士基準で慰謝料が増額!

交通事故の示談交渉を進めるにあたっては、弁護士のアドバイスを受けたり交渉を代行してもらうことで慰謝料増額が可能です。それは、慰謝料の金額を決めるための計算基準はいくつかあり、弁護士が示談交渉を代行することで被害者にとって有利な計算基準「弁護士基準・裁判基準」で慰謝料を請求してもらえるからです。

元々、慰謝料というのは交通事故に巻き込まれたことで受けた精神面の苦痛に対して支払われる賠償金です。精神的な苦痛なので尺度が難しく、定額化のために計算基準が設けられたという背景があります。

しかしその基準はひとつではなく、自賠責・任意保険・裁判と3つの基準があります。一番慰謝料が安いのは自賠責基準、高いのが裁判基準です。慰謝料はじめ賠償金額を決める示談交渉では、被害者は相手の保険会社といろいろな交渉を進めますが、賠償金額が安い方がよい保険会社としては安い基準で計算した慰謝料を示して示談に持ち込むことがよくあります。一旦示談に応じてしまうとその内容を変更したり取り消しはできないので、金額を提示されたら被害者はそれをよく見極めなくてはなりません。しかし保険会社は示談交渉のプロなので、知識があまりない被害者がひとりで公平に交渉していくのは現実には難しいと言えます。

示談は交通事故に強い弁護士に代行してもらう

慰謝料や、賠償金の交渉で損をしないためには、交通事故 弁護士に交渉を代行してもらうのが一番いい方法です。

法律相談をして示談交渉の代行を依頼すれば、もし相手の保険会社が安い基準で慰謝料を計算してきてもすぐに金額の不当さがわかり裁判基準を使って被害者が正当に受け取れる慰謝料を計算して交渉してくれます。

慰謝料の裁判基準というのは、裁判の判例を参考にして慰謝料の支払い基準を定めたものです。この基準は全国向けの青い本・首都圏向けの赤い本として公開されています。

また交通事故の慰謝料は、後遺障害が残ってしまったケースでは障害分の慰謝料を上乗せして請求できます。後遺障害の慰謝料の金額は認定される後遺障害の等級次第で大分変わります。交通事故問題に強い弁護士なら、被害者が受け取れる慰謝料の金額を最大限に引き上げるべく後遺障害の等級認定申請の点からも親身にサポートまた尽力してくれるはずです。

なお、多くの自動車任意保険にはオプションで弁護士費用特約を付けることができます。この特約が付いていれば、交通事故で被害者になってしまった場合の法律相談の費用を保険から300万円まで補償してもらえます。オプション契約なので保険料が上乗せされますが、月々100円程度ですし、法律相談をすることでかなりの慰謝料増額が可能になりますから、付けておけば安心な特約です。まず、300万を超える弁護士費用は大きな怪我ですから、この額を超えることはありませんので、ほぼ保険を使えば、自己負担なしに無料で弁護士依頼が可能になるメリットは計り知れません。